ファクタリングのサービス形態を比較する

subpage1

ファクタリングは売掛債権を活用した資金調達法ですが、サービスの内容によって2種類に分けることができます。

ファクタリングの比較について知りたいならこちらのサイトは便利です。

1つは、利用者とファクタリング事業者の2社間で契約が成立するタイプです。

この場合、事業者は利用者から売掛債権を買い取り、手数料を差し引いたうえでその代金を支払います。



一方、利用者は売掛金が入金されたらその全額を事業者に支払います。


もう1つは、取引先をも交えた三社間で契約するタイプです。
こちらの場合は、取引先が売掛金を事業者に直接支払います。


これら2つのタイプを比較した場合、現金化までの時間が短いのは2社間の方です。
利用に際して取引先の承諾を得る必要がありませんし、利用の事実が知られることもありません。



最短であれば、申し込んだその日のうちに売却代金を受け取ることも可能です。一方、手数料の額を比較してみると、3社間の方が総じて割安です。
ファクタリングの利用手数料には法的規制がないため各社ごとにまちまちですが、平均すると2社間が売掛金の10%〜30%、3社間が1%〜10%程度です。

なお、この数値は取引先の信用度、すなわち売掛金の回収がどの程度確実かによっても変動することがあります。
両者を総合的に比較した場合、利用しやすさという点では2社間の方が優れています。


契約形態がシンプルですし、入金もスピーディーに対応してもらえます。


一方、低コストで利用できるのは3社間の方です。

その分、調達可能額も大きくなります。

ためになるファクタリング

subpage2

売掛金を入金日前であっても現金化できるファクタリングは、中小企業などの間で注目を集めている金融サービスです。借入れを行うのではなく、売掛債権を有償譲渡するこのサービスは、融資よりも利用のハードルが低いとして人気を呼んでいます。...

more

ファクタリングの話!

subpage3

ファクタリングを利用しようと考えているときに忘れてはいけないのが、さまざまな点を比較しながら選ぶという点です。急いでお金が必要だという理由で適当に選んでしまうと、資金調達ができてもその後困った状況になるかもしれません。...

more

ファクタリングの予備知識

subpage4

ファクタリング自体は古くからある資金調達手段の1つですが、最近では大手企業の子会社や有名企業がファクタリング事業を展開し始めています。古くからある業者の中には手数料が高額で、お金に困った人からさらにお金をむしり取るような悪質なサービスを行っている業者もあり、問題になってきました。...

more

ファクタリングのテクニック

subpage5

ファクタリングを比較して選ぶと言われても、そもそもどのような仕組みか理解していなければ判断するのが難しくなります。まず利用できる会社というのは、お金を貸してもらうというよりは売掛金を買い取ってくれるというイメージになります。...

more