ボトックス注射での美容効果

subpage01

注射でできるプチ整形のひとつが、ボトックス注射です。

ボツリヌス菌の毒素を大幅に弱めて薬剤にしたものです。顔面神経痛など医療面でも利用されています。



美容面で利用されるボトックス注射は、シワ治療や小顔、美脚といった内容です。シワといってもどんなシワにも効果があるわけではありません。表情によってできてしまう、表情ジワに効果があります。ボトックス注射は、注射した部分の筋肉と神経の間に作用し、筋肉の働きを抑制します。



表情筋に作用させることで、表情筋の働きを弱め、シワを出来にくくするというわけです。
小顔効果を得るには、顔の咬筋という筋肉に作用させます。咬筋が発達していることによってエラが張っているタイプに効果があります。
筋肉の発達を弱め、筋肉を使用させないことで咬筋を萎縮させるのです。

同じように、ふくらはぎの部分痩せにも効果があります。
ふくらはぎが筋肉によって太い脚に有効で、筋肉の働きを抑制することで、脚を細くする効果が得られます。
その他、多汗症や軽度から中度のわきが治療にも用いられます。汗を出す筋肉を抑制することで、汗や汗による臭いを軽減するのです。


注射による施術なので、施術時間も短く、ダウンタイムもほとんどありません。
効果はおよそ半年程度といわれていますが、効果が弱くなってきたころに再び施術をすることで、徐々に持続効果を伸ばしていくこともできます。



ただ、注射といえども、医師の技術力に左右されることもあり、信頼のおける医療機関を受診することがおすすめです。