大手が参入してきたファクタリング業者の比較

subpage1

ファクタリング自体は古くからある資金調達手段の1つですが、最近では大手企業の子会社や有名企業がファクタリング事業を展開し始めています。

ファクタリングの比較に関する情報収集をサポートします。

古くからある業者の中には手数料が高額で、お金に困った人からさらにお金をむしり取るような悪質なサービスを行っている業者もあり、問題になってきました。

有名企業の参入によって悪い業者は今後衰退していき、より安全にサービスが利用できるようになることが期待されています。


良い業者が増えることによって手数料体系も安くなっていく可能性があります。


ファクタリング業者を比較するときに重要なのが、手数料の高さです。


わずかな違いでも買い取ってもらう金額が大きければ、入ってくる金額にも大きな差が出てきます。



手数料が安く、契約に関わる諸経費のかからない業者を選ぶと良いでしょう。
中には事務手数料として数万円必要とする業者も存在しています。


買い取ってもらえる売掛金の最低価格や、対象としているのが法人のみなのか、個人事業主も使えるのかも比較しておきましょう。
手数料の安い業者の中には、より安全性の高い法人としか取引をしない業者もあるからです。

ただし申込者が法人でも個人事業主でも、フリーランスや個人事業主からの売掛金の買取は難しいです。買い取ってもらいたい売掛金がいくつかある場合は、相手先企業を比較して、より大きな企業のものから提出するようにしましょう。



信用が高い企業の売掛金のほうが手数料も安く済むことが多いからです。