ファクタリングの2つのタイプを比較する

subpage1

売掛金を入金日前であっても現金化できるファクタリングは、中小企業などの間で注目を集めている金融サービスです。

借入れを行うのではなく、売掛債権を有償譲渡するこのサービスは、融資よりも利用のハードルが低いとして人気を呼んでいます。
ファクタリングは貸金業法などの法的規制を受けないため、制度設計の自由度が比較的高いのが特徴です。


ただし、代表的なサービスはおおむね2種類に分類されています。

魅力的なファクタリングの比較を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

2社間タイプと呼ばれるものと3社間タイプと呼ばれるものの2つがこれに該当し、それぞれに特色があるため、利用する際はその内容を比較検討することが重要です。



代表的なファクタリングサービスのうち2社間タイプとは、サービスの利用者とファクタリングの事業者の間だけで契約が完結するというものです。


これに対し、3社間では、売掛先を交えた三者が契約の当事者となります。
したがって、後者は売掛先の承諾が利用に際しての前提条件となります。



それゆえ2社間タイプと比較して現金化に時間がかかる傾向があります。

もちろん、承諾が得られなければ利用不可となります。


一方、2社間は利用に際して売掛先の承諾が要らないため手続きが迅速に行われるうえ、利用の事実を売掛先に知られることがありません。

したがって、今後の取引への影響を避けたい、などの場合には2社間がおすすめとなります。

ただし利用しやすい分、3社間と比較して利用手数料が高めに設定されているのが一般的です。