美容クリニックでの肝斑治療の特徴

subpage01

肝斑とは女性の頬にできる左右対称の茶色いしみのことを指しており、女性ホルモンやストレスなどが影響していることから、閉経後の女性や避妊薬の服用などでも発生することがあります。



ストレスなどでも悪化しやすく、化粧などで誤魔化せなくなる場合もあることから美容クリニックなどを通じて治療をする人も多いですが、肝斑治療には通常のしみの治療とは異なる点がいくつかあります。
まず、肝斑治療の際にはレーザー治療や光治療と言った、しみ治療で美容クリニックがよく利用する方法は選択されないことがほとんどです。と言うのも、肝斑は通常のしみと違ってレーザー治療や光治療などを用いるとかえってシミが悪化してしまうことが多いため、まず利用することがないという特徴があるようです。最近ではレーザートーニングと言う新しい美容医療が開発されたこともあり、この特徴にも徐々に変化はみられていますが、基本的にはレーザーと光治療は選択されないようになっています。



そしてもう一つの特徴として、内服薬での治療が効果が高いという特徴を持っています。


肝斑治療の要となるのがトラネキサム酸と言う成分であり、これが最も肝斑に効果があるとされているため、まず一番初めに選択される方法となっています。



むしろトラネキサム酸の内服を中心として他の治療を選択するというスタイルになっているため、肝斑治療においてトラネキサム酸の存在は非常に重要なものとなっているわけです。